【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENUMENU

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Senior’s Voice先輩の声

和歌山トヨペット株式会社 

トップへ戻る

和歌山トヨペット株式会社 

和歌山トヨペット株式会社 ワカヤマトヨペット

企業情報へ
業種
商社 / 流通・小売・専門店 / サービス / その他
本社所在地
和歌山県和歌山市中島379-1

先輩の声

不安と思っても、続けていれば乗り越えられる。今の感情で将来を決めつけないこと。

佐藤 康裕

佐藤 康裕

2007年入社

年齢
36 歳
出身校
専門学校トヨタ神戸自動車大学校   自動車整備科
役職
田辺店 営業スタッフ 主任
  • 現在の仕事内容

    営業の起点は、お客様のご要望を把握すること。それには、安心して話せる雰囲気や関係づくりが大事。

    私たちの仕事は、来店されたお客様(新規)への応対と、既存のお客様へのフォローアップです。営業スタッフなので、売り込むことが仕事と思われがちですが、いちばん大切にしていることは、“もの売り”ではなく“人”として接すること。
    新規のお客様に対するときに気をつけていることは、お客様が心のシャッターが閉まらないよう、会話を進めることですね。シャッターが閉まりそうだなと思ったら話題を変えたりして、安心して話せる雰囲気をつくり、徐々にお求めの内容やその背景にある家族構成、車の使い方などのニーズを聞き出します。プロとしてカーライフのプランを想定してご提案するのは、それから。信頼関係を築いた後ですね。

  • この会社に決めた理由

    決め手は、インターンシップ。ここなら気持ちよく働けそうと肌で感じた。

    私はトヨタの整備学校出身で、最初は整備士として和歌山トヨペットに入りました。もともとトヨタ車が好きで、車のカスタムなどにも興味があったので、トヨタ関連の会社と決めていたのですが、当社に決めたのは、インターンシップでの経験が大きいですね。
    職場の雰囲気も明るく、活気があったし、空気入れなど簡単な仕事を任せてもらい、入社後の仕事がイメージできました。
    今は営業職でもインターンシップをやっているようなので、興味がある方はぜひトライした方がいい。情報や言葉にならない雰囲気を感じることができるし、何より自分に合っているかどうかすぐに分かると思います。

  • 入社してから今までで印象に残っていること

    「人として大きくなるのは今や!」迷いを吹っ切るきっかけになった店長の言葉。

    営業は波がある仕事。それはわかっていたつもりだったのですが、営業を始めて最初の半年間は努力が成績に結びつかず悩みました。当社には厳しいノルマがあるわけではないのですが、一応、個人の目標があって、それがなかなか達成できなかったのです。
    そんなとき、店長がかけてくれたのが冒頭の言葉。他にも「苦しいことがあっても、それを乗り越えていったら、自然に精神が太くなる」「できる限りでいいから、頑張れ」とも。これが気持ちを切り替えるきっかけとなり、徐々に流れがつかめるようになって、成績も右肩上がりに。
    今も苦しいときはそのときのことを思い出し、前を向く力にしています。

  • この仕事のやりがい

    嬉しいのは、練っていた作戦、読み通りに商談が進んだとき。

    商談の前には、いろいろと作戦を立てます。初来店の日からニーズを伺い、関係を築いてきた情報をもとに、3年後、5年後のご家族の成長や、趣味などを考慮して、そのお客様のカーライフプランを想定。それにもとづき、ご提案内容を組み立てます。そのとき、理想的なストーリーだけでなく、うまく行かなかったときや反応がいま一つだったときのプランBやCまで用意しておく。もちろん、商談でどう話が進むか完全に読み切ることはできませんが、それがあるのとないのでは大違いです。
    たとえプランBだったとしても、想定通りに進めば嬉しい。モノではなく、次やその次の次までつながるカーライフのご提案(=プロとしての自分)を買っていただいたということですからね。

  • 就職活動の皆さんへメッセージ

    不安と思っても、続けていれば乗り越えられる。今の感情で将来を決めつけないこと。

    この仕事に向いている人はどういう人かと聞かれたら、いろんな趣味があり、人と話すのが好きな人が向いていると答えると思います。
    ですが、前向きさを失わなければ、それは職に就いてからでも身につけることができる。大切なのは、これだと思ったら、続けること。そして、自分の気づきを大切にし、活かしてみること。たとえ今、不安に思っていても、忍耐強く、できる限りの努力を続けていれば、いつかは乗り越えられる。
    自分を信じて、興味のある分野や会社にチャレンジしてみてください。続ければいつかは結果がでると思います。

pagetop

Share on