【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENUMENU

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Senior’s Voice先輩の声

和歌山トヨペット株式会社 

トップへ戻る

和歌山トヨペット株式会社 

和歌山トヨペット株式会社 ワカヤマトヨペット

企業情報へ
業種
商社 / 流通・小売・専門店 / サービス / その他
本社所在地
和歌山県和歌山市中島379-1

先輩の声

お客様の安全と安心を守る仕事

片山 直也

片山 直也

2006年入社

年齢
33 歳
出身校
和歌山産業技術専門学院   自動車工学科
役職
有田インター店 エンジニアリーダー 係長心得
  • 現在の仕事内容

    お客様のお車の点検整備、車検入庫、車両の完成検査を行っています。
    また有田インター店のエンジニアリーダーとして後進の指導、作業現場の統括を行っています。

    ≪仕事において大切にしていること≫
    ご入庫されたお客様が長く安心してカーライフを送っていただけるように、漏れや抜けのない点検整備を心掛けています。お客様対応では正確でわかりやすい説明とお客様の気持ちを深く読み取れるように努力し続けることを心掛けています。

  • この会社に決めた理由

    専門学校時代、就職活動として何か行動を起こさないといけないという気持ちから、手当たり次第に会社見学に申し込んでいた時期がありました。
    数社のディーラーに見学を申し込み、説明を受けた中で「生の現場」を一番見学させてくれたのが「和歌山トヨペット」でした。
    仕事内容を一番想像出来たのが決めた理由です。この会社で良かったと思う事は一緒に仕事する方々が優しいので私は「周りの人に恵まれたな」と思える事です。

  • 入社してから今までで印象に残っていること

    入社1年目は初めてのことや分からないことが毎日次々と出てくる日々で、特にこれといったエピソードが不思議と思いつきません。そのくらい自分自身がむしゃらに仕事を学んで沢山先輩から指導を受け、数えられない位の失敗と学びを繰り返したそんな1年でした。今、思い返しても「大変な1年だった」としか思い出せません。

    少し経験も積んできたころ、お客様から異常や不具合ではなく、感覚的な部分で「改善できないか」という申し出がありました。それに対し一から丁寧に先輩のサービス、営業スタッフとともに整備的改善および説明を数回にわたり行いました。
    ご対応が長期間に亘ったにもかかわらず、クレームやトラブルにならないように細心の注意をはらいながら上手に対応している先輩方の対応を近くで学ぶ機会があり、私の中では印象に残っているお客様対応となっています。

  • この仕事のやりがい

    まず、この仕事を始める前までは「物を言わない車を黙々と整備する事」がメインの仕事と考えている自分がいました。仕事を続けていくうちに「車を直す」のと同じ位「お客様に行う説明を通じて事故や故障を未然に防ぐこと」が重要だと感じる様になりました。仕事を通じて「車を直す」為の技術や知識の大切さと日々の自身のレベルアップの重要性「お客様説明」の難しさと必要性を学びました。

    整備士という仕事はお客様の車を預かり、点検・整備を行う職業ですが、単に作業を行うだけでなくお客様が安心して車に乗って頂けるように、正確な点検・整備を行い、分かりやすい説明をし納得して頂くことが必要です。そしてお客様の信頼を得て「来てよかったよ、ありがとう」と言って頂いた時に”整備士で良かった”と心から思えるのが醍醐味です。

  • 就職活動の皆さんへメッセージ

    お客様からの申し出に応対した時に、自身の説明力不足とお客様の気持ちを汲み取れなかったことにより、お客様からお叱りを受けた事があります。お叱りをうけている最中に「あの説明は良くなかったな」「お客様がおっしゃりたい事はこういうことだったのか」と気付いた時とても心が辛くなりました。この辛さを自分自身のお客様対応力の向上につなげられるようにお客様からのご用命の際に常に心掛けています。

    真剣にお客様と向き合うことはやりがいも多いですし、考えることも多いです。
    しかし、圧倒的に多くのやりがいを感じることが「和歌山トヨペット」でならできるでしょう。
    皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

  • 今後の展望

    整備士でいる限り日々進化し続ける自動車に技術力や知識力の面でついていかなければいけません。技術力や知識力の研鑽を欠かす事無く10年先、20年先でも現場の第一線で通用するように資格や検定、技術講習などにも好奇心を持って取り組んでいきたいです。また後進の若い技術スタッフの良き手本となれるよう初心を忘れずに日々の職務を全うしていきたいです。

pagetop

Share on