【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード2022

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENUMENU

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Company Info.企業情報

株式会社和歌山県農協電算センター

トップへ戻る

株式会社和歌山県農協電算センター

株式会社和歌山県農協電算センターワカヤマケンノウキョウデンサンセンター

業種
IT・情報処理 / その他
本社所在地
和歌山県和歌山市美園町五丁目1番地の1和歌山県JAビル(7F・8F) 地図

ここがポイント!

  • 社員の定着率がほぼ100%という働きやすい職場環境
  • JAの幅広い事業をシステム面でサポート!様々な事業や業務の知識を得ることができる
  • 教育制度が充実しているので、未経験者もOK!直近8年の採用者の約5割が文系出身者

企業情報

企業からのお知らせ

ご覧いただきありがとうございます

みなさん、はじめまして。
JA和歌山電算センター 採用担当です。
弊社の採用ページをご覧くださりありがとうございます。
興味をお持ちの方は、是非エントリーしてくださいね。


JAグループ全体を支える情報サービス拠点として公共に貢献!

当社はJAグループ和歌山全体の事務処理などに関わる<情報システム>や<ネットワーク拠点>として、昭和47年4月に誕生。以来、急速に進む高度情報化社会に対し、オンラインシステムの開発・運用やオープンシステム構築などで事務処理の効率化や合理化を図り、着実に使命を果たしてきました。

コンセプトは「より最適なシステムの提供」。今後さらに情報サービス産業の重要性が高まり、農業・JAを取り巻く構造的な変革はますます必要となってきます。そんな中で、JA経営の安定を命題とした設立時の使命を認識し、新たな時代に対応した情報拠点として高度なサービスを提供し、JA・組合員の事業展開をバックアップしたいと考えています。

JAは地域社会の中で、公共性の高い信用・共済事業や生活購買事業を、また農業分野では生活購買や営農指導などの貴重な機能を担っています。その中心となる組合員や利用者がJAを信頼し、安心して利用していただくためにも、私たちの情報システムは非常に重要な位置付けとなります。これからもさまざまな事業を支え、安定稼働できるよう、力を尽くしたいと思います。

設立 1972年
資本金 1億3000万円
代表者名 代表取締役社長   田淵誠司
売上高 9億8278万円(2019年3月実績)
従業員数 全体56人 (2020年2月実績) (男:44人/女:12人)
平均年齢 42.5歳
株式公開 非公開
事業内容 <会社の目的>
JAの使命は、組合員の営農と生活の向上発展を図るため、組合員の協同活動を推進し、協同の成果を実現することにあります。当センターは、JAグループの一員として、また県内JAの情報処理の共同利用施設として、JAの事業・業務の総合的な処理により、組合員・JAに役立つ情報の提供を行う総合的な情報センターの役割を担い、組合員の営農と生活の向上、またJA経営の合理化および総合力発揮を支援することを目的としています。

<業務内容>
 県内JA、中央会・連合会等JAグループのコンピュータ処理(システム設計・開発および処理運用)、システムコンサル、イントラネット構築をはじめ、各種業務のシステム構築のほか、今後は、新たなニーズに対応した情報サービスにも取組んでまいります。
事業所 和歌山市美園町五丁目1番地の1 和歌山県JAビル(7F・8F)
グループ会社・関連会社 JAわかやま
JAながみね
JA紀の里
JA紀北かわかみ
JAありだ
JA紀州
JA紀南
JAみくまの
JA和歌山信連
JA和歌山県農
JA共済連和歌山県本部
沿 革 1972年4月
(株)和歌山県農協電算センター設立
1973年4月
オフライン業務を開始
1982年
定期積金、積立定期のオンライン稼動 為替業務オンライン稼動
1984年
CD/ATMシステム稼動 全国農協貯金ネットサービスに参加 経営分析システム稼動
1987年
ハンディ端末機システム稼動 貸出金業務のオンライン稼動
1988年
共済掛金自動振替システム稼動 販売仕切金システム稼動 購買業務のオンライン稼動 信用事業推進支援システム稼動
1992年
収益予測システム稼動 営農支援システム稼動 信用新システム(NECユーザ)7県共同開発に参画
1993年
AコープPOSシステム稼動 信用システム共同運営(現JASTEM)に参画 管理共通システム全国共同開発に参画
1994年
農業青色申告システム稼動 国債窓販自己業務システム稼動
1996年
信用新システム(NECユーザ7県共同開発)稼動 CD/ATM振込システム稼動
1997年
CD/ATM集中監視システム稼動
1999年
Winkネット(県内系統イントラネット)稼動
2000年10月
郵貯とのネット提携、デビットカード取扱の開始 プロバイダ事業(JAWINK)の開始
2001年
インターネットバンキング稼動 延滞債権管理システム稼動
2002年
国債新証券システム稼動 電子帳票システム稼動 購買POSシステム稼動
2006年
全国印鑑照会システム稼働 新信用システム(JASTEM)稼働 新ファーマーズシステム稼働 新会計・管理(Compass-JA)、購買システム稼働
2010年
総合ポイント制システム稼働 新販売システム稼働 営農情報システム稼働
2012年2月
機構改革の実施
2013年12月
和歌山県JAビル完成
2016年12月
機構改革の実施
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
10.8時間
平均有給休暇取得日数
(前年度実績)
9.4日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 3名(男性2名 女性1名)
前年度の育児休業取得者数(男女別) 1名(男性0名 女性1名)
  • 安定性

    総合企画部 部長/宮野

    総合企画部 部長/宮野

    定着率ほぼ100%の働きやすい職場環境

    IT業界の職場環境は、ハードなイメージがあるかもしれません。たしかに繁忙期には残業もありますが、通常は19時頃までには退社しています。休日に出勤があれば、必ず振替休日を取得できます。離職者はほとんどありませんし、バックアップ体制が整っていますので、産休の取得もスムーズです。
    勤務地は、和歌山駅から徒歩1分の交通至便な場所で、転勤がなく、将来設計をたてやすいのも長所の一つではないかと思っております。
    JAグループの一員ならではの、安定した経営も魅力です。
    社員旅行は年に一度。行き先も社員の希望で決定します。仕事は先輩たちが丁寧に教えますので、システム関係を勉強した人のみならず、まったくシステム面での知識や経験がない方も大歓迎。責任をもって育成します。

  • 地元貢献している実感

    公共性の高いJAグループの一員として

    当社の取引先はJAグループのみですから、対応する担当者と顔なじみになり、運用状況を耳にする機会もあります。そんなとき、「新しいシステムも利用しやすく、役に立っています。ありがとう」などと、お礼を言われると、システムを直接利用するJAグループの職員はもとより、その先にいる組合員にも貢献できていると実感するものです。また、取引相手が一定しているので、システム開発時や運用時にはJAグループのチームワークの良さを発揮します。そのために、普段からグループ内で連携をとり、信頼関係を構築しているのです。

  • 幅広い情報・業務に触れる仕事

    さまざまな情報や業務についての知識を得られる

    JAグループは信用・共済事業や生活購買事業などの幅広い業務を行っており、我が社はそのシステムを全面的に担っていますから、業務をこなすうちに、さまざまな事業や業務に対する知識を得られるのも、魅力の一つではないでしょうか。
    JAグループ各組織からシステム構築のリクエストを受けると、時にはプロジェクトチームを構成し、開発に着手します。システム設計はJA等の担当者と話し合いながらすすめ、ニーズに合ったシステムづくりに取り組んでいます。若手のみなさんも先輩を見習いながら得意分野を伸ばし、組織内の研修も利用しながら、リーダーを目指しています。
    また、ビルの免震、耐震性能も万全。守られた環境の中で安心して仕事ができます。

先輩の声

8 件が公開されています。

わが社の見どころ

開発の仕事

開発の仕事

受付風景

受付風景

総務の仕事

総務の仕事

開発の仕事
受付風景
総務の仕事

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
採用部門
採用部門
〒640-8331   和歌山県 和歌山市 美園町5-1-1 和歌山県JAビル 7F
TEL:073-488-5650   sogokikaku@cnt.jawink.ne.jp
担当 総合企画部/有馬
最寄り駅 JR和歌山駅

会社地図

  • 現住所
  • 休暇中の住所
(!)問題が発生した為、
ルートマップ機能は利用できません。
pagetop

Share on